婦人

ミネラルファンデーションのランキングで華麗に美肌に変身

バリア機能の回復が重要

化粧水

生活習慣も肌に影響あり

生まれつきの肌質や、加齢による保湿力の低下など様々な要因で敏感肌の悩みを抱えている人がいます。毎日の化粧品によるスキンケアで、敏感肌の進行を食い止めたり改善できますが、逆に進行を早めるような注意したい事柄もあります。特に気をつけたいのが普段の生活習慣です。人の肌は常に外部からの刺激に晒されており、生活習慣上の問題から知らず知らずのうちに肌がダメージを受けていることは珍しくありません。例えば空気の乾燥もその要因の1つです。他にも雑菌やハウスダスト、紫外線も敏感肌の方には大敵です。また化粧品によるスキンケアも方法を間違うと、敏感肌をより悪化させる恐れがあるため注意しておきます。使用する化粧品の成分やパッティングといった際の道具の使い方も意識しておきたい点です。

セラミドが多めの物を選ぶ

皮膚の持つバリア機能が低下している敏感肌は、外部刺激によってかゆみや違和感などを感じやすくなります。敏感肌の対策としてできることが、バリア機能を回復させるための成分が多く含まれた化粧品によるスキンケアです。バリア機能を担っているのは角質層の水分です。この水分は角質細胞間脂質が多くを保持しており、特にセラミドがその役割の中心です。そのため敏感肌の方の化粧品選びでは、セラミド配合タイプの物がお勧めできます。また肌のバリア機能が低下すると、ヒアルロン酸やコラーゲンなども減少しやすくなります。そのためこれらの成分も同時に配合されている化粧品も良いチョイスです。できるだけ長く美容成分や水分を肌に保持してあげるために、乳液よりもしっとりとしたクリームやワセリンタイプの化粧品が敏感肌の方には向いています。